TOP > Scotch Whisky > シーバスリーガル12年(ウイスキーの日々 whiskydiary)

シーバスリーガル12年(ウイスキーの日々 whiskydiary)

0 Comments
whiskydiary
本日もスコッチウイスキーネタを紹介します。
こちらも2年前に一度購入してすでに3本ほど消費しました、シーバスリーガル12年を紹介したいと思います。

ブレンディッドウイスキーとして、スコッチウイスキーではジョニ黒、バランタイン、そしてシーバスリーガルなどが正統派だと思いますがフルーティな香りでアルコールの刺激も少なく、後から香るバニラ香など最初に飲んでほしいウイスキーです。

こちらは箱もビンもおしゃれでカウンターなどにおいても良いインテリアになると思います(個人的には)。
シーバスリーガル12年1

シーバスリーガル12年はストレートかロックが相性がいいと思います。水割りでもスムースで飲みやすいですが、ハイボールだと少し腰が砕けてしまい、味や香りが落ちてしまう印象があります。

シーバスリーガル12年2

ウイスキーを飲みだした際には是非試してほしいウイスキーです。値段も手ごろで2,000円ちょっとでも手に入る場合があります。
ちなみに注ぐときの「トクトク」音も是非聞いてほしいです。

簡単ですが、私の独断と偏見での評価を入れています。ご参考までに。
味  :★☆☆☆☆(甘→辛)
ボディ:★☆☆☆☆(ライト→フル)
香  :★☆☆☆☆(フルーティ→スモーキ)
評価 :★★★☆☆(お勧め度)

関連記事
whiskydiary
Posted bywhiskydiary